セキュリティ面も安心!HDD返却ありの法人向けパソコン修理

ランニングコストも気を付けて

法人向けパソコン市場は競争が激しい事もあってかなりの過当競争で値段が恒常的に安く抑えられています。それは購入する側としてはよい傾向なのですが、パソコンの場合には気を付けないといけないのがランニングコストの面です。パソコンは他の電化製品とは違ってかなり故障や不具合が出やすいです。そのため購入後のパソコン修理にかかる費用もばかになりません。出来れば購入時に法人向けパソコン修理プランにも入っておくことがおすすめです。スポットで受け付けているプランもありますので、台数が少ない場合には1回ごとのプランを選択した方がいいですが、ある程度の台数がある場合には加入型の法人向けパソコン修理プランに入っておく方がトータルコストを抑えやすく手続きの面倒も少ないのでおすすめです。

情報流出が一番恐ろしい

台数が少ない場合には、一般のパソコン修理を利用してもよいのではないかとお考えになるかもしれませんが、法人で特に恐ろしいのが情報流出です。パソコンの故障でよくあるのがHDDの破損ですが、一般向けの場合にはHDDを丸ごと交換して修理完了になり、破損したHDDは修理業者が処分するという流れが普通です。壊れた部品なら業者に処分してもらった方が助かると考えるのは危ないです。現在の技術なら破損したHDDからでもデータの復元が可能なので、破損したHDDを業者に渡すのはそこから情報を抜かれてしまうリスクがあります。法人向けパソコン修理なら破損したHDDを返却してくれるプランもあるので、情報流出のリスクを抑えることが出来て安心です。

© Copyright PC Checkpoint. All Rights Reserved.