大画面で快適作業!デスクトップパソコン

モニター選択の自由度が高いデスクトップパソコン

会社で利用するパソコンとしてデスクトップ型を選ぶ利点はいろいろありますが、その中でも、モニター選びの自由度が高いというのは外せないでしょう。
ノートパソコンの場合、モニターと一体型というのが利点でもありますが、それが欠点にもなります。いろいろなモニターの中から好きなものを選ぶということが難しいからです。実はノートパソコンであってもモニター接続端子がついているのが普通で、一応、単体のモニターをつなぐことは可能ですが、法人向けのノートパソコンはグラフィック性能が弱く、出力できる解像度の上限がシビアです。したがって、そういう点でもモニター環境を重視するのであればデスクトップ型の方がいいといえるでしょう。

高解像度の大型モニターを使うメリットと注意点

では、デスクトップパソコンに大きな画面のモニターをつないで使うメリット、そして注意点にはどのようなものがあるでしょうか。まず、画面が大きく解像度の高いモニターを使うと、一度にたくさんの情報を見ることができます。小さなモニターだとずっとスクロールしていかないとすべてを見られないような文書や表であっても、高解像度の大型モニターであればちょっとのスクロールで確認できるのです。そのため、効率よく仕事を進めることができます。
注意点としては、まず消費電力の多さが挙げられます。闇雲に大きなモニターを選ぶのではなく、コストとパフォーマンスを両立する大きさのモニターを選ぶようにしましょう。また、パソコンの映像出力性能によっては、モニターの性能をフルに発揮できない可能性があります。その場合はパソコンのビデオカードを交換するといった対処が必要です。

© Copyright PC Checkpoint. All Rights Reserved.